DAIWA

プロダクトストーリー

紅牙ロッド編

獲物にそっと近づき、瞬時に食らいつく。鯛の捕食行動は繊細、かつ賢い。そんな鯛を「タイラバ」で釣り上げるためは、口に近いタイラバはもちろん、実はロッド選びが重要である。第一に、ロッドにはしなやかさが求められる。硬いロッドでは鯛がラバージグに食らいついた際に違和感を感じ、すぐに口から離してしまう。鯛は非常に用心深い。だからこそロッドには、鯛の口にしっかりと針が食い込むまで針先の違和感を感じさせない、しなやかさが必要なのだ。第二に求めるべきは、パワー。狙うのは大物。大鯛を不安感なく釣り上げられるパワーが必要である。そこで『紅牙』は、「タイラバ」ロッドに求められるあらゆるデータを徹底分析。現状考えられる中での最適なロッド構造を導きだした。Xクロスなどのダイワが誇るカーボン技術の採用はもちろんのこと、特筆すべきはメタルトップの採用。しなやかさを武器とするメタルトップを竿先に採用したことで、鯛に違和感を与えず、かつパワーを保ちながら、「タイラバ」を愛するすべてのアングラーに微塵の不安感なく大鯛を釣り上げてもらえる設計を行った。“多くのアングラーに鯛釣りの魅力を体感して欲しい。”その強い信念に基づき、『紅牙』のタイラバロッドは設計上のさまざまな工夫を経て、その姿を実現したのである。

一方、タイテンヤ用のロッドは、タイラバとはまた違うこだわりのポイントをもつ。エビをつけて釣るテンヤの性格上、より感度を研ぎすませたロッドを必要とするのは周知の事実。ふわりと落ちていくエビと一緒に水中に沈んでいく最軽量のテンヤ。この軽く繊細なテンヤからラインに伝わる振動を通して、鯛がエビをつつくわずかなアタリを感じなくてはならない。そこで『紅牙』は、タイテンヤ用ロッドに「AGS(エアガイドシステム)」と「SMT(スーパーメタルトップ)」のダイワが誇るテクノロジーを採用。感度と強度において高いレベルを持つカーボンガイドを採用する「AGS」と、竿先にしなやかさとカーボンをしのぐ高い感度をもたらす「SMT」を採用したことで、鯛のわずかなアタリを逃さない全包囲網的なロッドを完成させた。それは間違いなく、感度が重視されるタイテンヤにおいて、アングラーの期待に十分応えることだろう。

それぞれこだわりを持つタイラバロッドとタイテンヤロッド。そのどちらのタイプにも共通するのは、まずは鯛に由来するカラーを配したデザイン。ピンクとブルーグリーンをさりげなく配色。これは『紅牙』ブランドの由来ともなった鯛の“紅色”と鯛の目の上にある美しいブルーグリーンのアイシャドーをもとにデザインされたものである。鯛が水面で輝かせるこれらの色を、ロッドに表現した。そして当然のことながらホールドしやすいオリジナルグリップなどの、高いレベルで完成されたロッドそのものの機能。アングラーに高い実釣性能とモノとしての満足感を約束する。

『紅牙』のロッドは、鯛にこだわり、鯛を追求し、タイラバ・タイテンヤともに、鯛を愛するすべてのアングラーのために誕生した。鯛をとことん極めたい人にこそ手に取って欲しいロッドである。

紅牙リール編

タイラバで鯛を誘うためには、鯛のいるレンジを泳がなければ意味がない。鯛はどの水深にいるのか。アタリがあったポイントを分析し、集中的にそのレンジを攻略することが重要だ。アングラーの思考は常に次を想定する。紅牙ICSでは、タイラバ用のリールにデジタルカウンターを搭載した。タイラバが水深何メートルの位置にあるかを表示。さらにタイラバのリーリングスピードをスピードランクで表示できるようになっている。どんな水深・巻き取りスピードのときに反応したのか、それらの情報も手元で判断できる。これまでも水深を計れるカウンターはあったが、小さなボディに水深とスピードの両方を表示できるカウンターを搭載したのは、『紅牙』ならではの釣り方の分析とこだわり。 両方の情報を表示することにより、水深という“点”の情報から、スピードという、“点”を結ぶ“線”の情報を表示できることとなる。これはアングラーにとって、大きな武器となる。「水深15m、スピード3でヒット!」。そんな暗号めいた会話がアングラーの間で定着する日も近い。

紅牙ICSでは、フォールへの対応も図られている。クラッチとギヤーを切り離した「スピードシャフト」を採用し、スプールがギヤーとの連動から解放され落下性能が向上する。ラインの出が悪いと、タイラバ水を切って下に落ちる力が弱まり、落下スピードが遅くなる。当然、潮に流されることも多くなり、ポイントから外れてしまうことも。つまり、タイラバではリールにフリー回転の軽いスプールは必要不可欠なのである。紅牙ICSがフリースプールを採用したのは、鯛を極めるための当然の判断であった。さらにギヤー比にもこだわった。ゆっくりとリールを回してアタリを探るタイラバの巻き取りを考慮して、最適なローギアの設定としている。これにより大鯛とのやり取りにも最適なパワーを得ることにも成功した。

鯛と出会うチャンスを少しでも増やしたい…。意地と誇りをかけて取り組んだ『紅牙』のリール。釣りをきちんと見極めることによって見えてきた必要な機能。それらを盛り込んだ『紅牙』のタイラバリールはアングラーに常に寄り添う心強い相棒となる。

紅牙タイラバ編

「タイラバ」は、もともと日本古来の漁法である。エサを使わずに高級魚の鯛を釣るため考えだされた方法であったようだ。当初はひらひらしたゴムが針の周りに付いているだけの素朴な漁法だったが、我々アングラーがその漁法に注目。「タイラバ」は次第にゲーム性のある釣りスタイルとして確立し、タックルの進化とともに細ラインが主流となり、タイラバ自体も改良が重ねられてきた。

紅牙ベイラバーフリー誕生にあたり、タイラバの開発は最重要課題であったと言ってよい。タイラバ開発担当者が心血を注いだアイテムである。これまでの市場にはない、新発想のタイラバを開発することを自らに課した。まずは重点ターゲットエリアを東京湾観音崎近海に求めた。大型の鯛がいることは分かっていながら、なかなか釣り上げられない難関ポイントだったからだ。この場所で釣れるタイラバを開発すれば、全国でテストが展開できる。 まずは、観音崎の鯛を釣るためのタイラバ開発に集中した。

タイラバは、ヘッドとラバー及びフックが分離する誘導型が、近年実力を発揮している。掛かってからヘッドが分離して魚の動きに抵抗なく連動するため、バラシが少なく、結果的として釣果に繋がっている。このタイプをベースに開発がスタート。真っ先に取り組んだのは、ヘッドの穴にセラミックのパイプを通すこと。セラミックパイプを入れることによりラインの滑りが良くなるうえ、糸にもやさしいことは当初からわかっていた。これまでのものでは、ヘッドに穴が空いているだけだったため、内面のキズによりリーダーをダイレクトにヘッドに通して使用するとたちまち切れてしまう。苦肉の策でフックを結んでいるラインを穴の中に入れ対応していたが、これでは結び目でせっかくのフリー性能が活かせない。かつて磯釣り用の円錐ウキの開発にも携わっていたタイラバの開発担当者は、過去の経験からセラミックパイプを採用した新しいカタチに手ごたえを感じていた。

意気揚々と観音崎にテストに出かけ、懇意にしていたふたりの船長にそのタイラバを使っていただいた。ヘッドにセラミックパイプを通したことには高い評価を得たものの、ふたりの船長の会話が開発担当者の耳に何気なく聞こえてきた。

「お前、コレ買うか?」

「いや、買わねぇ。落ちるのが遅い」

その思いもかけなかった言葉に、一瞬息をのむ。すっかり出鼻をくじかれ、意気消沈しながらも、悔しさと意地で、持ってきたラバージグをその場でハンマーでたたき、落下スピードが速くなるカタチをすぐに模索し始めた。

開発担当者は“この日の船長たちの言葉があったから、いまの『紅牙』がある”と振り返って感謝する。実はタイラバ設計の当初、セラミックパイプの採用にはこだわったが、落下スピードの課題を先送りにしていた。新製品を早く市場に出したいという焦りもあった。その事実を見透かしたような船長たちの会話に、一念発起。この日を境に、ラバージグの設計を一から見直すこととした。

では、どうやったら早く落下するのか?何度もカタチを変え、繰り返し実験が行われた。水の流水抵抗を勉強し直し、工場にも何度も足を運び、これまでのモノ作りの経験値をすべて駆使する。やがて課題点が整理され、カルマン渦(モノが落下するときにモノの裏側に回り込もうとする水力:流体力学用語)が落下の抵抗にならないカタチを目指せばいいことが判明。目玉にすらこだわった。目玉をへこませるか、出すか、そんな小さなことでも水流の変化が起こる。また、タイラバで釣る際、鯛は下からラバージグを見上げながらアタックする場合が多く、その際に鯛と目が合うように目玉の位置やデザインも工夫した。しかも、どちらの穴からラインを通しても使えるように、両穴近く、どちらにも2つずつ、計4つの目玉を配置した。アドバイスをいただいた船長たちにも、試作品が出来るたびに随時報告。あえて厳しい意見をもらいながら、丁寧にカタチを仕上げていった。

そしてここに、新世代のタイラバが誕生した。鯛の真髄に迫る『紅牙』の象徴ともいえるアイテムである。徹底的に鯛を研究し、同じく徹底的にアングラーの気持ちを汲み取った渾身のタイラバ。このこだわりをぜひ体感していただきたい。

ようやく発表段階にこぎつけた『紅牙』。撮影を兼ねた最終テストのため、タイラバを得意とする全国のテスターたちを観音崎に集結させた。『紅牙』ブランドを冠するタックルたちの力が発揮される。だが、予測に反して鯛の活性が全く上がらない。ほとんど反応がないまま一日が終わろうとしていた。残念ながら、こういうシビアな日があるのも釣りではある。“なぜ、こんなにシビアな日がよりによって今日なのか。”全員の祈りに似た気持ちと裏腹に終了時間が迫る。これで最後と決めたひと流しで、想いは通じた。大きく曲がるロッド。ラインが引き出される。その鯛は4キロを超えるサイズだった。帰路についた船上では、全員が歓喜に溢れた。真の意味で『紅牙』が誕生した瞬間といってよい。一尾の鯛が『紅牙』に確信を与えてくれた。開発担当者は自然に流れた涙を止められなかった。“想いが力になる”『紅牙』は間違いなく、想いを力に変えるタックルである。