DAIWA

掛け / 乗せ

攻めるのか。

本来の作法であるところの乗せの常識では、アタリがあったら「アワセるな。乗るまで巻き続けろ」だが、そのセオリーに囚われない、「送り込んで、アワセて、ガッツリ掛ける」、それが掛けという新提案だ。

掛けにチャレンジして釣果が倍増するわけじゃない。

ただ、一枚あたりの喜び、嬉しさ、満足感、してやった感は、倍増するかもしれない。

「漁獲」だけではない「釣りの無上の喜び」を。だから、われわれは「掛け」のタイラバを提案しよう。

王道は「乗せ」なのだろう。
だが、「掛け」は楽しい!
フッキングタイラバの世界へようこそ!

「アワセ」ることって、なんて楽しいのだ!

「掛け」のタイラバが従来の乗せの釣りと大きく異なる点は、ただひとつ。マダイがアタックしてきたら、「アワセ」て、「掛け」る。ざっくりいうと、その一点だけだ。では、なぜ乗せのセオリーと真逆のことをやるのかと問われれば、楽しいからであり、刺激的であるから。そうとしか答えられない。現在、「掛け」の釣りにどっぷりハマっているアングラーの誰に聞いても、タイラバの王道はやはり「乗せ」だよと答える。でも、彼らは自らの釣りでは確実に「掛け」を選ぶ。一体、なぜだろうか?

瀬戸内海に面した香川県高松市。遊漁船『ワンピース』の船長、松岡健彦氏は、フッキングタイラバの伝道師として、知る人ぞ知る存在だ。

ワンピース船長 松岡健彦氏

香川県高松市を拠点とするタイラバ遊漁船、ワンピースの船長。年間を通じてタイラバしかやらないという、バキバキに筋金の入ったタイラバフリーク。フッキングタイラバの第一人者でもある。

松岡船長は言う。

「釣りは何でも、『アタリ』があって、それを自分で積極的に『掛けた』ときの満足感って、みなさんも知ってのとおり大きいじゃないですか。一枚の価値が高められる遊び方。それが『掛け』のタイラバです」

釣れた、ではなく、釣った。そう思えたとき、魚釣りは俄然、楽しくなる。従来のタイラバの受動的な部分に、少し遊び心と積極性を加えたものが、「掛け」の根底にある。

もちろん、ただ、闇雲に掛けているわけではない。マダイの捕食の習性をよく考えた上でのフッキングテクニックがそこにはある。

マダイは青物やシーバスのように、エサを周りの水と一緒に一気に吸い込むタイプの捕食ではなく、断続的についばむように噛み付く。これは小さな前アタリとして出る。最後、口の中に入れると、首を振って、エサを弱らせ、食べやすくする。それが、例の、ゴツゴツゴツと連続する本アタリの正体だ。

「掛け」の釣りでは、前アタリを感じたら、リーリングの速度を緩め、マダイが捕食しやすいようにする。こうすることで、フックユニットがマダイの口の中にくわえ込まれやすくなる。同時に、サオ先を水面方向に倒し、フッキングのストロークを稼いでおく。ゴツゴツゴツ。ロッドティップに本アタリが出たら、一気にロッドを振り上げ、フッキング。口の中にくわえ込まれたフックユニットは、引きずり出されながら軟組織を探し、そこにガッチリと刺さる。ちょっとやそっとじゃバレることのないポジションに刺さりこむのである。だから、向こうアワセでフッキングポジションの選べない「乗せ」に比べると、「掛け」はバレにくい。安心して、マダイ独特のファイトを楽しんでほしい。

さて、この一連を実現するためには、みなさんのご想像通り、感度に優れたタックルが不可欠だ。これでもかというレベルにまで感度にこだわった『紅牙AGS』であれば、より「掛け」タイラバの世界を満喫していただけるはず。そんな想いを込め、掛けモデルの『TYPE-K』には2機種を用意している。

「掛け」に魅せられたタイラバフリークのひとりに話を聞いた。紅牙プロスタッフの後迫正憲だ。

「『乗せ』は、静かな釣り方だからね。ジギングみたいな動かす釣りが好きな人には、正直、物足りなさがあるんだろうね。だけど、『掛け』は積極的な釣りだから、ルアーアングラーとしての純度が濃い人ほど、ハマると思う。現にダイワスタッフにまさにそんなヤツがいて、僕も彼に誘われて、『掛け』に目覚めたし(笑)」

ダイワフィールドテスター 後迫正憲

紅牙プロスタッフ。広島県がホームグラウンド。アジやメバルのライトゲームで「掛け」の楽しさを発信した男が、タイラバゲームにおいても当然のように、「掛け」に目覚めて、夢中になっている。

マイボートに遊漁船。「乗せ」「掛け」「電動」タイラバと、マダイを全方位、何でもありでやり倒す後迫。彼は「掛け」をどう見ているのか?

「確かに、自分から掛けにいくのは純粋に楽しいよね。ただ、水深のある場所にはあまり向かないのは認める。松岡船長は80mと言ってたけど、深いともちろん、アワセが効きづらいのは確か。だけど『紅牙AGS TYPE-K』のXHみたいなロッドも出てきたことだし(笑)」

と、微妙な笑いをした後迫に理由を問いただすと、

「『TYPE-K』のXHは、タイラバのサオの調子じゃないよね。タチウオや青物のジギングでも普通にジグが操作できるくらい張りがあるんだから。『乗せ』のタイラバ用として使ったらバイトを弾くかもしれない。でも、だからこそ深場でもフッキングが決まるんだと思う。まさに『掛け』に特化したサオだよね。これ、ダイワもよく出したなぁと思う。尖ってるところはしっかり尖ってるメーカーだなって意味で、ニヤッとしてしまったんだよ」

「掛け」の釣りで使うフックは、

「Lサイズが多いけど、試行錯誤中。僕は『乗せ』の釣りではSサイズを使ってるし、送り込むから、小さめのフックで吸い込ませたほうがいいとも思うんだけどね」

と、ちょっと悩んでいる様子だった。松岡船長は、シーズン初期はMサイズ、ピークになるとLサイズを選択するという。両名とも、サクサスフックの刺さりには、満足を通り越して呆れ顔。

「刺さり込み、滑り込みが半端なさすぎる。怖い......」

ゆえに、安心して「掛け」の釣りに使えるのだと口を揃えるのだった。

一気に勝負を決める釣り。
それが、攻撃の「掛け」。
われわれダイワの「TYPE-K」だ。

手堅くとるのか。

食い込みと感度が飛躍的に向上した、遊動式タイラバが主流のいまとなっても、「乗せ」が基本であることは変わらない。

解説:中井一誠

チャーターボート「海竜」のキャプテンを務め「釣らせるプロ」としても活躍する紅牙プロスタッフきっての理論派アングラー。

遊動式の定着により完成された基本

タイラバ釣りは、着底&リトリーブの繰り返し。マダイがバイトしてもリールを巻き続けるのが正解。ゆえに「アタっても乗らない」が常識だった時代がある。それを劇的に変えたのは、遊動式のタイラバの定着だった。金属製のヘッドと、ラバーやフックユニットが分離して沈んでいく特性は、着底時に見切られる確率も下げるばかりか、

「巻きの局面での食い込みはもちろん、固定式ではありえなかったフォール中のバイトもモノにできます。“すごいことが起きた!”と感動を覚えたほどです」

と中井は振り返る。

掛かるのを祈るしかなかった固定式の欠点が、ほぼ解消されたいまだからこそ、ネクタイやヘッドの本当の効果も見えるようになってきた。

「パーツのアレンジで、釣果が激変するのがこの釣りの魅力。でも、タックルを正しく使っていないと、そこで迷路に入ってしまう。ネクタイやヘッドのセレクト以前の問題です。単に、フォールや巻き方を微妙にハズしているだけで、アタリが出ないのもこの釣りです」

という。

遊動式がもたらすパターンの広がりで、いまこの釣りの可能性は飛躍的に広がっている。

タイラバのヘッドは「底がとれる範囲の重さでなるべく軽いもの」が総じて掛かりはいい。だが、アタリを出すために、つねにそれが正解とは限らないのがこの釣りの奥が深いところだ。そのときの海況や自分のロッドに、ヘッドの重さと特性があっているのかも、「乗せ」の完結に関わってくる重要なテーマなのだ。

実釣前に理解したい「乗せ」のメカニズム

「タイラバは、パターンに合わせたパーツを選び、それを食いにきたタイの口元に、フックを絡めることで獲るルアー。でも、偶然で掛かることを待つだけじゃダメです。タックルやパーツのセッティングを駆使して掛かるようにマッチングしていくことがゲームの本質です」

と中井。

そこで重要になってくるのが、かねてより中井が力説するネクタイとフックの同調だ。「掛からないアタリがあると、ついフックを大きくしたくなるけれど、そうすれば、リトリーブ中のネクタイとフックはどんどん離れてしまう。反対に、軽く小さなハリならネクタイと同調しやすいし、わずかに触れただけでポイントが立つから、あとはタイの走る力を利用して、1本目のフックを貫通させながら、2本目のフックもひっ掛けてやる」のである。

中井は、右の写真のように「ラインを強く握って普通に引くとスムーズに滑り出す」という実釣上最小限の800g前後のドラグ設定で釣る。これが、下の写真のように、フックで絡め取る「乗せ」の局面で、バレを防ぐ絶大な効果を発揮してくれる。

「乗せ」のタックルのセッティングは、すべて、それを妨害しないためのものだ。超柔軟で高感度の『メタルトップ』と、軽量高感度の『AGS』を搭載する『紅牙AGS TYPE-N』。中井が使う「乗せ」の最強ロッドだ。「たとえ激渋の厳寒期でも、「乗せ」だけで十分釣れますよ」。ゴツゴツガリ。水中のタイラバから、嬉しい反応が響いてきた

「軽さ」と「感度」の徹底追求が、完璧な「乗せ」を演出してくれる。

微妙な釣りの乱れが釣果の明暗を分ける

タイラバの基本=「一定速度のリトリーブ」は、一見すると簡単に見えるが「やっているつもりの人がすごく多い」と中井。『紅牙ICS』のカウンターでみると、活性が低いほど、巻き上げ速度の安定したときしかアタらない。安定したリトリーブをするためには、ティップは、跳ねを殺すため水平よりやや下に下げ、竿尻は軽くワキにはさみ、リールはふんわりパーミング、ハンドルノブは最小限の力で軽くつまみ、つねに力を抜いて巻く癖をつけたい。「800gのドラグ設定なら、ハリが立てば自然にマダイが引っ張るから、そこでロッドを軽く立てる。相手が走るなら止まるまで行かせる」。これが全国共通の「乗せ」作法だ。

完全遊動式タイラバは、ヘッドとネクタイが分かれて沈下することで、着底時もネクタイの動きが死なず、沈下中に追い始めたタイに見切られにくい。よって、ネクタイとヘッドの分離が大きくなるように、アンダーキャストで潮上にタイラバを落とすのが理想。

リールを軽く手のひらで包むようにロッドごと握り込み、竿尻は軽く脇に挟む。ドテラ流しならラインとティップは120°〜140°にキープするとロッドの感度もよく、ティップの動くアタリを読みやすい。

正しいセッティングなら、ハリが立つだけで、自然にマダイが反転するので、それに合わせてロッドを起こして「乗せ」ればいい。相手がデカく走り出すなら、「十分に行かせてから」、止まったときにロッドを立て、ドラグを1〜2クリック締めてファイト開始。

動作を安定して行う。
これが、釣るための「乗せ」作法。